インドネシアからマカオ入りの3人組スリ逮捕…盗んだ現金カジノで使う

マカオ司法警察局は7月15日、マカオで徒党を組んでスリを行ったとしてインドネシア人のインバウンド旅客の男3人(40~50代)を逮捕したと発表。 同局によれば、同月13日夜、マカオ半島北区にある店舗で買い物中にバックパックの中に入れていた現金5万パタカ(日本円換算:約100万円)のスリ被害に遭ったとする通報が寄せられたとのこと。 通報を受けた同局が捜査を進めた末、容疑者としてインドネシア人の男3人を特定し、14日夜にマカオ半島中区でうち2人を逮捕するとともに、滞在場所から犯行時に着用していた衣服、香港ドル・人民元・米ドルの現金合計約2万6000パタカ(約52万円)相当を発見。その後、15日に3人目の容疑者がマカオから出境しようとしたところを港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設内で逮捕に成功したという。 その後の捜査で、容疑者の男3人は13日夜にマカオ半島北区で被害者に狙いを定め、3人で被害者を囲んだ上、2人が見張りを担当する中、実行役の1人が被害者のバックパックのジッパーを開けて現金を盗み、事後はタクシーで現場を離れていたこと、また盗んだ現金の一部をカジノで使って負けていたほか、インドネシアへ送金していたこともわかったとした。 3人は同局の調べに対して犯行を認める供述をしており、同局では3人を加重窃盗及び組織犯罪の罪で検察院送致するとともに、余罪の有無や盗んだ現金の行方について捜査を継続する方針。

防犯ブザー、ちゃんと鳴らせる? 警察が小学校で防犯教室 連れ去り未遂事件受けて各地で実施 「電池切れていないか、故障していないか確認を」

長野県警は今月、子どもの安全を守る緊急対策を行っています。長野市の小学校では16日、児童がブザーの使い方を確認しました。 警察官: 「持ってるもの、これなんでしょう?」 児童: 「防犯ブザー!」 16日、長野市の鍋屋田小学校で行われた防犯教室。県警は、今月5日から県内全ての学校で緊急指導を行っています。 岡谷市では今月、55歳の男が登校中の女子児童のランドセルを奪い、児童を連れ去ろうとした疑いで逮捕される事件がありました。 普段、ランドセルにつけている防犯ブザー。いざという時に鳴らせるか確認しました。 児童は…: 「鳴らないと捕まっちゃうかもしれない」 「音が鳴らなかった。家で電池入れてもらう」 長野中央警察署生活安全第一課の係長: 「ご自宅で音が鳴るのか、電池切れていないのか、故障していないのか、そこは確実に確認していただいて、いざという時に備えていただければ」 県警の防犯指導は夏休みが始まる前の今月24日まで行われます。

鋼管を換金目的で盗んだか 被害者が軽トラックを追いかけ110番 40代の男を窃盗容疑で逮捕 熊本

資材置き場から鋼管を盗んだとして40代の男が逮捕されました。被害者の男性が男を追跡し逮捕につながりました。 7月15日に窃盗の疑いで逮捕されたのは熊本県多良木町の無職、椎葉孝(しいば たかし)容疑者(47)です。 警察によりますと椎葉容疑者は7月13日、多良木町の70代の男性が所有する資材置き場から鋼管9本を盗み、換金しようとした疑いがもたれています。 被害にあった70代の男性は草刈り作業中に車通りが少ない町道で見覚えのある鋼管を乗せた軽トラックが走っていくのを目撃し、自身の軽トラックで追跡しました。 追いついた男性が椎葉容疑者を問い詰めたところ犯行を認めたため、110番通報し逮捕に至ったということです。 警察の調べに対し椎葉容疑者は「収入がなくて換金目的だった」と容疑を認めていて警察は余罪についても調べています。

大混乱のコパ・アメリカ決勝、試合後に警備員に暴行したコロンビアサッカー連盟会長と息子が逮捕

ファンの問題行動により混乱を極めたコパ・アメリカ2024の決勝。そんな中、コロンビアサッカー連盟(FCF)のラモン・ヘスルン会長(71)と、息子のラモン・ハミル・ヘスルン氏(43)が逮捕されていたようだ。『ESPN』が伝えた。 15日(現地時間14日)に行われたコパ・アメリカ2024の決勝は、連覇を目指すアルゼンチン代表と2度目の優勝を目指すコロンビア代表のカードとなった。 しかし、試合前にはチケットを持たないコロンビアのファンがスタジアムに押し寄せると、入場ゲートが大混乱。セキュリティチェックのためにキックオフが1時間以上も遅れるなか、無謀にも突破して違法にスタジアムに入ろうとする者も多数現れていた。 そんな中、決勝の後にヘスルン会長と息子は警察に逮捕。15日の午前4時過ぎに収監されたという。 報道によれば、試合後にスタジアムのメディア用トンネルの中で、フィールドに入ろうとした際に複数人の警備員と争った疑いがあるとのこと。警察の報告書によれば、警備員がラモン・ハミル氏の頭に手を当てて下がるように誘導した中、口論に発展し、その後暴力沙汰にまで発展してしまったという。2人はすぐに激昂し、怒鳴り始めたようだ。 なお、ヘスルン会長は2000ドル(約31万8000円)、息子は1000ドル(約15万9000円)の保釈金を支払い、裁判官の前に立つこととなった。 ファンの問題行動では27人が逮捕され、55人が締め出される結果に。多くの問題を起こしたなか、トップも逮捕されるなど、散々な結末となってしまった。

「パパ活」でホテル入る直前の少女も…新宿・歌舞伎町「トー横」エリアで夏休み前に一斉補導 14歳~17歳の21人補導 東京

夏休みを前に、東京の「トー横」エリアで一斉補導が行われました。 警視庁は、13日午後から14日未明にかけて、新宿区歌舞伎町の「トー横」エリアで深夜に外出したなどとして、14歳から17歳までの21人を補導しました。 大量に摂取する目的で睡眠薬を持っていた少女や、いわゆる「パパ活」でホテルに入る直前の少女もいたということです。 また、15歳の少年を深夜にカラオケ店に連れ出した疑いで平野光彩容疑者(21)が逮捕され、「15歳と知らなかった」と容疑を否認しているということです。