不正入手したクレカ情報で化粧品転売 ヤクザを手下にする国際犯罪組織の闇

不正入手したクレジット情報で購入した化粧品などをフリーマーケットアプリで転売したとして、1月に暴力団員らが逮捕された。彼らは実行犯に過ぎず、首謀者として海外の犯罪グループがからむ可能性があるという。海外の犯罪グループが陰で糸を引き、日本人から金銭をだまし取る事件は後を絶たず、専門家は「性善説が浸透している日本は格好のターゲットになっている」と警鐘を鳴らしている。 ■フリマアプリで転売 昨年6月、横浜市のマンションの一室。捜査員が家宅捜索に入ると、50箱以上の段ボール箱が所狭しと積み上げられていた。「足の踏み場もない状態だった」と捜査関係者は振り返る。段ボールには、化粧品や乳児用品など約200点が入っていた。 発端は同月に奈良県内の輸入販売業者から、「不正利用のクレジットカードで商品をだまし取られた」と奈良県警に連絡があったこと。配送先はクレジットカードの持ち主とは全く関係がない前述のマンションの一室だった。 このマンションを拠点にしていたのは、住吉会系の暴力団員の男(51)らのグループ。他の何者かがフィッシング詐欺などによって不正に入手した他人のクレジットカード情報を使い、ネットショップで購入した物品をフリマアプリ「メルカリ」などで転売していたという。 ■組員らは末端「小遣い稼ぎ」か 県警は今年1月までに、詐欺などの容疑で男ら5人を逮捕。グループによる被害は、令和5年5~6月で輸入販売業者や製薬会社など38社で計約150万円にのぼるとみられる。クレジット会社から不審に思われないよう同じカードで連続取引せず、1回の決済を1万円未満に抑えるなどして発覚を免れる対策を取っていたとみられる。 ただ、男らは末端に過ぎず、1件につき10%程度の報酬を得ていたとみられ、捜査関係者は「小遣い稼ぎ程度だったのでは」と推測する。では、誰が男らに指示を出していたのか。 捜査が新たな局面に入ったのは今年5月。県警は資金回収役として、詐欺などの疑いで中国籍の女(42)=東京都江戸川区=を逮捕した。 グループの収益金の送金先の口座などを捜査する中で浮上してきたといい、女は「報酬が良かったので、売上金の回収役と通訳人として加担した」と供述。収益が中国など海外に渡った可能性もあり、県警は犯行グループの首謀者について慎重に調べている。

総額約9億円の過大請求 コロナ事業のコールセンター業務で不正 勤務実態を偽りスタッフ数を水増しか…2人逮捕 「やってるなって思っていました」と関係者

【京都市コールセンターの関係者】「『NTM(日本トータルテレマーケティング)』は、やってるなって思ってましたし、まあ、この業界はやっぱりそういうところでお金をもうけているんだろうなという風に思うので」 こう語るのは、京都市が新型コロナのワクチン接種のために用意したコールセンターの関係者。 京都市のコールセンターでは、業務を請け負っていた「日本トータルテレマーケティング」の元社員・東 幹雄容疑者(47)と、三浦俊介容疑者(42)が逮捕されています。 2人は2023年、業務に携わった人数を水増しし、京都市からおよそ2700万円をだましとった疑いがもたれています。責任者だった東容疑者は容疑を否認する一方、三浦容疑者は「東容疑者に指示された」と容疑を認めているということです。 コロナ禍に乗じて起きた不正。 【京都市コールセンターの関係者】「コールセンターって見えないところでやってるじゃないですか。向こうの言い値で、『これくらいの人がいないと回りませんよ』と言われたら、『じゃあ出しますね』で終わっちゃう」 総額およそ9億円にも上る過大請求は、なぜ起きたのか。

総額約9億円の過大請求 コロナ事業のコールセンター業務で不正 勤務実態を偽りスタッフ数を水増しか…2人逮捕 「やってるなって思っていました」と関係者

京都市コールセンターの関係者:『NTM(日本トータルテレマーケティング)』は、やってるなって思ってましたし、まあ、この業界はやっぱりそういうところでお金をもうけているんだろうなという風に思うので。 こう語るのは、京都市が新型コロナのワクチン接種のために用意したコールセンターの関係者。 京都市のコールセンターでは、業務を請け負っていた「日本トータルテレマーケティング」の元社員・東 幹雄容疑者(47)と、三浦俊介容疑者(42)が逮捕されている。 2人は2023年、業務に携わった人数を水増しし、京都市からおよそ2700万円をだましとった疑いがもたれている。責任者だった東容疑者は容疑を否認する一方、三浦容疑者は「東容疑者に指示された」と容疑を認めているということだ。 コロナ禍に乗じて起きた不正。 京都市コールセンターの関係者:コールセンターって見えないところでやってるじゃないですか。向こうの言い値で、『これくらいの人がいないと回りませんよ』と言われたら、『じゃあ出しますね』で終わっちゃう。 総額およそ9億円にも上る過大請求は、なぜ起きたのか。

「口論になって争っている」須賀川市の駐車場で車のドアを壊した疑い 32歳の男を現行犯逮捕【福島県】

須賀川市の駐車場で、車のドアを壊した疑いで、市内に住む32歳の男が現行犯逮捕されました。 器物損壊の疑いで現行犯逮捕されたのは、須賀川市に住む職業不詳の32歳の男です。 男は、16日午後2時48分ごろ、須賀川市内の駐車場で、普通乗用車のドアを手で殴るなどして、損壊した疑いです。 車の名義人である女性から「口論になって争っている」と警察に通報がありました。 警察によりますと、男は容疑を認めているということで、当時の状況を詳しく調べています。

サバイバルナイフを足にくくりつけ所持 知人とトラブルになり逃げようとした男を現行犯逮捕【新潟】

15日、新潟市内のマンションの通路で、正当な理由がないにもかかわらずサバイバルナイフを所持していたとして、自称・派遣社員の男(40)が現行犯逮捕されました。 銃刀法違反で現行犯逮捕されたのは、新潟市東区松島に住む自称・派遣社員の男(40)です。 男は15日午後9時半ごろ、新潟市中央区万代1丁目地内にあるマンションの通路上で、正当な理由がないにも関わらず、刃渡り約11cmのサバイバルナイフを足首にくくりつけ所持していた疑いが持たれています。 男は知人と何らかの理由でトラブルになっており、その知人が警察に通報し、警察が臨場したところ男はその場から逃げようとしました。 男を取り押さえた警察官が所持品検査をしたところナイフの所持が判明したということです。 警察の調べに対し、男は「護身用のためにナイフを持っていました」と容疑を認めています。 警察が事件の詳しい経緯などを調べています。