Uncategorized

〈あのベイブレードが再ブーム〉シリーズ最新作は累計出荷200万個の大ヒットも、子どもたちは「うるさい」と家を追い出され、公園、公民館も“禁止”で「遊ぶところがない」と悲鳴

玩具メーカー大手の「タカラトミー」は、昨年7月に現代版ベーゴマ玩具「ベイブレードX(エックス)」の販売をスタート。シリーズ最新作となる本商品は、新たなギミックとして「X(エクストリーム)ダッシュ」を搭載し、歴代シリーズ最速のスピードを実現。発売からわずか半年で国内累計出荷数は200万個を突破する大ヒットを記録している。その一方で、ユーザーの親からは騒音を気にする声も…。令和のベイブレード事情を取材した。

イランがイスラエルを強く敵視する理由は何か

この数カ月、イランへの注目度が増している。2024年4月14日、イスラエルによるクッズ部隊幹部暗殺への報復として、イランは史上初めてイスラエルへの直接攻撃に踏み切った(「ガザめぐりイスラエルとイランが戦い合う理由」参照)。 それから1カ月が経過した5月19日、イランのライシ大統領がヘリコプター墜落事故により死去した。この速報に接したとき、イスラエルによる報復暗殺かと緊張が走ったが、すぐに荒天が原因の事故であることが判明した。

「村山月さん殺害事件」や「廣瀬爽彩さん凍死事件」の話題がよく上り「大麻を売買」する10代も…「昔と違う荒れ方」をしている「旭川の若者たち」

北海道第二の都市、旭川市。ここ数年、若者たちが絡む凶悪事件が立て続けに起きている。2021年、同じ学校の生徒らからの凄惨ないじめにより、一人の少女が命を絶った。さらに道内に住む17歳の少女を殺害したとして、同市に住む21歳、19歳の女がそれぞれ逮捕された。

間宮祥太朗"電撃婚"と「自称プロデューサー」逮捕の関連性は? 結婚でイメージ刷新した綾野剛の前例も

間宮祥太朗(31)の突然の結婚発表がファンを騒然とさせている。間宮はこれまで映画「東京リベンジャーズ」シリーズや、テレビの連続ドラマ「真夏のシンデレラ」(フジテレビ系)に出演。さらに今年3月公開の「変な家」で興行的な成功があり、今年10月公開予定の「劇場版 ACMA:GAME 最後の鍵」で、今後、更なる飛躍が期待される中での結婚発表だったためだ。SNSでは祝福の声があふれる一方で、《何か突然過ぎません? ようやく役者としてこれからって時に……》《ずっと応援してきたのに……何か裏切られたような感じ……》と残念がるファンの声も目立った。 間宮は以前から「人生設計はない」としてきたが、10代の頃からの親友・矢本悠馬(33)や菅田将暉(31)の結婚・育児について「毎日遊んでいたあいつが……こうして大人になっていくんだと刺激を受けた」「30代を前に、ちゃんと生きようという意識が強くなった」と2022年7月に日刊スポーツのインタビューで語っている。 そんな間宮が31歳を迎えて結婚を決めたのは自然な流れなのだろうが、ある芸能プロダクション筋から、間宮の結婚発表3日前に逮捕された“自称プロデューサー”の事件との関連性を指摘する声が聞こえてきた。今年4月、大手芸能プロと業務委託契約を結んでいた自称プロデューサーの鼻田拓こと細川拓容疑者(41)は、芸能界での活躍を目指すために相談してきた20代女性と会食し、その際に飲食物に睡眠薬を混入させ性的暴行を加えた疑いが持たれている。細川の逮捕と同時にプロフィルが公になると、一斉に注目されたのが芸能プロダクション「トライストーン・エンタテイメント」関連会社の元取締役を務めていた事実。細川は「女性問題や金銭トラブルで同社にいられなくなった」と報道された。 トライストーン所属の坂口健太郎(33)とmiwa(34)がダブル主演した映画「君と100回目の恋」のクレジットには“アソシエイトプロデューサー”に「鼻田拓」の名前が残されている。 ■事務所の看板を汚す「元取締役」の性的暴行事件 トライストーンといえば現取締役社長は小栗旬(41)で、間宮も所属。そのため、ベテラン芸能プロ関係者たちは、「元取締役の逮捕が事務所のブランドイメージを大きく傷つける前に、世間の矛先を間宮の寿発表にそらすための電撃発表ではないのか」と推測してみせるのだ。間宮は昨年4月、一部芸能マスコミに親しい女性と一緒に愛犬の散歩をする様子を報じられた。今、このタイミングで結婚を発表すれば、会社への逆風を多少でも少なくすることができるというもくろみなのだろうか。 「スキャンダルを隠すために所属タレントの電撃婚で視線をそらす……と考えるのは、22年にトライストーン所属の綾野剛(42)の駆け込み婚という前例があるからです。あの時綾野は、ガーシーこと東谷義和元参院議員(52)から、私生活に関して猛攻撃を受け、役者生命の危機にありました。真偽が解明されぬまま悶々と過ごす中で事務所が発表したのは、窮地の綾野を支える佐久間由衣(29)との電撃結婚でした。朝の連続テレビ小説などの出演で好感度が高い佐久間との結婚は綾野のダーティーなイメージを払拭させる一定の効果がありました。そうした成功例もあるため、今回の同社元取締役逮捕からわずか3日後の電撃婚発表という短いタイムラグは、どうしても綾野のケースを連想してしまうのです」(芸能プロ関係者) 今回の間宮の結婚発表は偶然のタイミングなのか。元々予定していた発表を少し早めただけなのかもしれないが、間宮と彼の妻になる女性が幸せなら、これ以上口を挟むべきではない気もする。 (芋澤貞雄/芸能ジャーナリスト)