ドイツでスパイ行為 ロシア人ら逮捕 特定のウクライナ人に関する情報を収集か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツ連邦検察庁は21日、ドイツ国内で特定のウクライナ人に関する情報を収集するためスパイ活動をした疑いでロシア人とウクライナ人とアルメニア人の合わせて3人を逮捕したと明らかにしました。 容疑者3人は19日、スパイ対象者のウクライナ人が滞在しているとみられるドイツ西部・フランクフルトのカフェを偵察したということです。 ドイツ連邦検察庁は3人について「外国の諜報機関のために活動していた疑いが強い」と発表しましたが、スパイ行為を依頼していた国は明らかにしていません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。