味の素スタジアムでFC東京マスコットキャラクター「東京ドロンパ」らが暴力団排除を呼びかけ 警視庁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

週末に多くの家族連れが集まるサッカーのJ1リーグ公式戦の試合前に、警視庁が暴力団排除を呼びかけるイベントを行いました。 「暴力団排除運動やってます。よろしくお願いします」 16日午後、東京・調布市の味の素スタジアムで「暴力団排除イベント」が行われ、警視庁の暴力団対策課の捜査員などおよそ20人が参加しました。 イベントでは、味の素スタジアムを本拠地にしているFC東京のマスコットキャラクター「東京ドロンパ」が登場し、16日夜行われる試合への来場者に「暴力団と交際しない」と書かれたオリジナル巾着を800枚配付するなどして暴力団排除を呼びかけました。 東京・調布では先月、交通トラブルがきっかけで拳銃のよううなものを発砲した暴力団組員の男が逮捕される事件があり、警視庁調布署の宮坂信孝署長は「反社会的勢力をめぐる不審な情報があったら警察まで通報して欲しい」と話しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。