「自分の舎弟だ」女子高校生殺害容疑で逮捕の女(21) ともに逮捕された19歳女を「犯行に誘った」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旭川市で女子高校生が殺害された事件で、逮捕された21歳の女はともに逮捕された19歳の女について「自分の舎弟で自分が犯行に誘った」という趣旨の供述をしていることが新たにわかりました。 いずれも旭川市の無職=内田梨瑚容疑者と19歳の女は、4月19日、留萌市の高校生=村山月さんを旭川の神居大橋から転落させ、殺害した疑いで、16日に身柄を検察庁に送られました。 その後の捜査関係者への取材で、内田容疑者は19歳の女との関係について「自分の舎弟」と話していることが新たにわかりました。また、一連の犯行には「自分が誘った」という趣旨の供述もしているということです。 犯行に使われた軽乗用車は内田容疑者が普段使っていたもので、警察は内田容疑者が犯行の主導的な役割を担った可能性があるとみて調べを続けています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。