ズラリと並んだギャング2000人がお引っ越し…収容人数4万の巨大刑務所 ナイフ・フォークはNGで食事は手づかみ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中米・エルサルバドルで、巨大刑務所へ2000人の凶悪犯が移動するお引っ越しが行われた。 映像には、刺青だらけの上半身をさらした受刑者たちが多くの武装した看守の前でひざまずく姿が映し出されていた。 ここはエルサルバドルで2023年1月に完成した、収容人数4万人の巨大刑務所で、アメリカ大陸最大級の「テロリスト収容センター」と言われる。 この日収容されたのは、殺人、麻薬密売、恐喝などを犯して逮捕された約2000人のギャングで、上半身には所属を示すローマ数字などが彫られたタトゥーがみられた。 この巨大刑務所、ギャングたちにとってはまさに地獄の環境だという。 海外メディアによると、囚人は1日30分しか独房から出られず、面会もNGで、ナイフやフォークが凶器となるため、食事を取るのも手づかみだ。 エルサルバドル政府がこうした強固な対策をとる背景にあるのは、ギャングによる殺人事件の増加だ。 厳しい取り締まりなどによって、2022年の殺人事件の発生件数は前の年の半分以下まで減ったという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。