「罰金いくら払えるの?」 ”警官”装った36歳男 大阪・天満で呼び込みの女性に声かけ…恐喝未遂容疑で逮捕 警察バッジなど押収

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

呼び込みをしていた女性に対し罰金を支払うよう要求したのは、警察官…を装った男でした。 恐喝未遂の疑いで逮捕された冨永健容疑者(36)。 それは5月10日、飲食店が多く並ぶ大阪・天満で起きました。 20代の女性従業員が店の前で客の呼び込みをしていたとき、警察官らしき男が女性従業員に対しこう問いかけました。 「大阪府警の者です」「店のポップ持ってると逮捕の対象で、50万円の罰金だけど、いくら払えるの」 当然ですが、警察官が「いくら払えるの?」とは問いただしません。ただ、男が身にまとっていたのは「警察庁」と刺繍されたネクタイ。そして警察の紋章が描かれたバッジを所持していて、見た目は“警察官”でした。 (記者リポート)「冨永容疑者が身に付けていた、こちらのバッチやネクタイは、いずれも偽物だったということです」 警察官に装い、女性従業員を恐喝しようとしたとされる冨永容疑者。女性従業員はその後、冨永容疑者からさらに“嫌がらせ”を受けたといいます。 (記者リポート)「被害者の女性は、冨永容疑者に話しかけられた後、1時間半ほど連れ回されたということです」 女性従業員は「店に戻るとお金がある」と言い、冨永容疑者と共に店へ。その後、同僚の女性従業員に助けを求め、通報したということです。 警察の調べに対し、冨永容疑者は「事実は違います」と容疑を否認しています。 警察によりますと、冨永容疑者の自宅からは「警察庁」と刺繍されたネクタイや警察バッジが押収されたということで、余罪も含め動機などを調べています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。