逮捕前に自殺未遂で病院に搬送 県警の前生活安全部長 本田尚志容疑者「野川明輝本部長が隠蔽」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

警察情報を漏らした疑いで逮捕された県警の前の生活安全部長が、逮捕前、家宅捜索を受けている最中に自殺を図り搬送されていたことがわかりました。 この事件は、県警の前の生活安全部長だった元警視正の本田尚志容疑者が、現職当時に入手した情報を記者に郵送したとして逮捕・送検されたものです。 関係者によりますと、県警が逮捕前、自宅の家宅捜索をした際、本田容疑者は自殺を図ったということです。本田容疑者は病院に搬送され、その後、逮捕されました。 本田容疑者は「野川明輝本部長が現職警察官の盗撮事案を隠蔽しようとしたため、情報を記者に送った」と主張していますが、野川本部長は11日の県議会で… (県警 野川明輝本部長) 「私が隠蔽を意図して、指示したことは一切ありません」 改めて隠蔽を否定しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。