「朝まで飲んだがそれ以降飲んでいない」深夜に"飲酒運転"自称・飲食店従業員の男逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11日の夜遅く、福岡県久留米市で酒を飲んで車を運転したとして、44歳の男が現行犯逮捕されました。 警察によりますと、11日午後11時半ごろ久留米市六ツ門町の県道で、飲酒検問をしていた警察官が停車させた乗用車の中から酒の匂いがしたため、運転していた男に対しアルコール検査を行いました。 その結果、男から基準値の4倍近いアルコールが検出され、警察は男を酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕しました。 逮捕されたのは久留米市東合川の自称・飲食店従業員、古賀宗親容疑者(44)です。 警察の調べに対し古賀容疑者は「チューハイとハイボールを午前1時から6時まで飲んだが、それ以降は飲んでいない」と話し、容疑を否認しているということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。