「子どもが朝起きてこなかった」男の子の両太ももをつねる 義理の父親を逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道・旭川東警察署は6月11日、傷害の疑いで旭川市に住む自称・会社員の男(41)を逮捕しました。 男は10日午前7時半過ぎ、旭川市東4条にある自宅内で、寝ていた10歳未満の男の子の両太ももを複数回つねる暴行を加えた疑いが持たれています。 男の子は両太ももに全治2週間の傷を負いました。 警察によると男は被害にあった男の子の義理の父親だということです。 調べに対して男は「親としてやってはいけないことをした」と容疑を認めていて、動機については「子どもが朝起きてこなかった」と供述しているということです。 警察は男の余罪などを調べています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。