警察共済組合職員の男、個人情報を漏らした疑いで逮捕…SNSに「有料で教える」と投稿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

警察共済組合本部(東京)の勤務で得た警察関係者の個人情報を漏らしたとして、千葉県警は11日、同組合千葉県支部職員の男(31)(千葉県船橋市)を地方公務員等共済組合法違反の疑いで逮捕した。同組合は警察職員やOBらの年金、医療給付などの事業を担っている。男は容疑を認め、「200人以上の住所などを漏らした」などと話しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。