「むしゃくしゃしてやった」除雪車の窓ガラスを割った男(66)を逮捕〈宮城・南三陸町〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

去年12月、南三陸町で道路の除雪を行う除雪車の窓ガラスが何者かに割られた事件で、警察は登米市に住む66歳の無職の男を器物損壊容疑で逮捕しました。 逮捕されたのは登米市津山町の無職の男(66)です。 警察によりますと、男は去年12月24日午前2時15分ごろ、南三陸町戸倉の国道で、仙台河川国道事務所が管理していた除雪車の窓ガラスを石を投げつけて壊した疑いが持たれています。 警察の調べに対し、男は「むしゃくしゃしてやった」などと容疑を認めているということです。 警察によりますと、事件が発生した去年12月には南三陸町と隣の登米市で、工事現場に停めていた車両の窓ガラスが割られるなどの被害が複数件確認されていることから、警察は男に余罪があるとみて、詳しく調べを進めています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。