約2年半で1億円荒稼ぎ「無修正わいせつ動画」出演・販売の男女が逮捕 “被害者”がいなくても罪に問われたワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自身の無修正わいせつ動画をサブスクリプション型のSNSに投稿した男女2人が5月に逮捕された。投稿した動画は3000点以上とみられる。海外有料サイトで閲覧させ、約2年半で1億円近い収入を得ていたという。 まさに体を張って“荒稼ぎ”した2人の行為に対し、ネット上では「誰にも損害を与えていないのになぜ?」「“被害者”がいなのに逮捕する?」など、逮捕に対する疑問の声もあった。 こうした「わいせつ動画」に対する肯定的といえる声があがる背景には、インターネット上には多くの無修正わいせつ動画がアップロードされており、実質的に誰でも閲覧が可能になっているという実情がある。 もっとも、刑法では175条1項(わいせつ物頒布等)において「わいせつな文書、図画、電磁的記録に係る記録媒体その他の物を頒布し、又は公然と陳列した者は、2年以下の懲役若しくは250万円以下の罰金若しくは科料に処し、又は懲役及び罰金を併科する」と規定されている。 憲法では表現の自由が保障される中で、なぜ刑法上は、わいせつ物頒布等についてこうした”規制”がされているのか。わいせつ事件の解決実績が豊富な荒木謙人弁護士に、今回の事件のポイントを解説してもらった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。