「泥棒が入った」一人暮らしの86歳女が駐在所に届け出→自宅を調べた警察官を“刃物”で切りつける…殺人未遂で現行犯逮捕―「窃盗被害は確認できない」と伝えると急変 北海道羽幌町

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道北部、日本海に面した羽幌町に住む無職の女(86)が6月11日、自らの窃盗被害の申告で、駐在所から自宅へきた警察官を刃物で切りつけ、殺人未遂の現行犯で逮捕されました。 警察によりますと、女は10日午後8時ごろ、女が自宅から徒歩で駐在所を訪ね、「家に泥棒が入った。物がない」と届け出ました。 女の自宅は徒歩5分の距離。男性警察官(56)は女とともに歩いて行き、捜査しましたが、被害は確認できませんでした。 報告を聞いた女が突然激高し、「刺すぞ」などと怒鳴りながら包丁のようなものを突きつけたため、警察官が取り押さえ、現行犯逮捕しました。 女は1人暮らしで、事件当時、警察官と2人きりでした。 調べに女は「分からない」と話しています。 女は過去にも物が盗まれたと訴え、警察が調べたところ、被害は確認できませんでした。 警察は犯行の動機などを調べています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。