「大罪人」「検察なめんなよ」…証人尋問で取り調べの録音再生、国賠訴訟で検事が非を認める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学校法人の土地売却を巡る横領事件で大阪地検特捜部に逮捕・起訴され、無罪が確定した不動産開発会社「プレサンスコーポレーション」(大阪市)の山岸忍元社長(61)が、違法捜査があったとして国に損害賠償を求めた訴訟で、捜査を担当した検事の証人尋問が11日、大阪地裁(小田真治裁判長)であった。検事は、同社元部長(有罪確定)の取り調べで「大罪人」「検察なめんなよ」などと発言したことについて「言葉に不穏当なものがあった」と非を認めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。