警察共済組合職員を逮捕 個人情報漏えい疑い 千葉県警

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

警察共済組合本部(東京都千代田区)で勤務していた際に得た個人情報を漏えいしたとして、千葉県警は11日、地方公務員等共済組合法違反の疑いで、同組合千葉県支部の職員富川泰興容疑者(31)=同県船橋市海神=を逮捕した。 容疑を認め、「報酬をもらって、個人情報を教えた」と話している。 逮捕容疑は、同組合本部で勤務していた昨年6月ごろ、有料で他人の個人情報を教えるとX(旧ツイッター)に書き込み、年金関係業務で使用するシステムの端末で5人分の住所と生年月日を不正に入手。情報1件当たり数万円の報酬で依頼主に提供した疑い。 千葉県警によると、他県警からの情報提供により発覚した。200人以上の情報が漏えいした可能性があるといい、裏付けを進めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。