Xで個人情報漏えい疑い 警察共済職員を逮捕 「1件数万円で」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNS(ネット交流サービス)で依頼を受けた相手に、有料で住所などの個人情報を漏らしたとして、千葉県警捜査2課は11日、警察共済組合県支部職員の富川泰興容疑者(31)を地方公務員等共済組合法違反の疑いで逮捕した。 逮捕容疑は、X(旧ツイッター)に他人の情報を教えるなどと投稿し、2023年6月ごろ、1人の依頼者に、不正に入手した5人分の個人情報を教えたとしている。富川容疑者は「依頼のあった多くの客に1件数万円の報酬で、住所と生年月日を教えていた」と容疑を認めている。 同課によると、富川容疑者は当時、同共済本部で警察職員や家族、遺族などの年金の審査業務を担当。年金関係の業務で使うシステムの端末で個人情報を不正に入手し、200人以上の情報を漏えいしたとみられる。県警が詳しい状況を調べている。【林帆南】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。