街路樹なぎ倒す映像がカメラに…酒気帯び運転疑いの車が暴走 66歳の男逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

酒を飲んで車を運転し、車や街路樹などに次々に衝突したとして、八代市の男(66)が酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されました。 八代市迎町にある防犯カメラの映像。中央線を越えて走ってきた車が街路樹とバス停をなぎ倒し、そのまま画面の外に消えていきました。 警察によりますと、10日午後10時40分頃、近くに住む男性から「事故のような音を聞いて外を見たら車が動いていて、また衝突しています」と警察に通報がありました。駆け付けた警察官が現場付近に停車している軽自動車を発見しました。 そして、車を運転していた近くに住むパート従業員、山下義文容疑者(66)の呼気から基準を超えるアルコール分が検出されたため、酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕しました。 警察によりますと、山下容疑者は少なくとも50メートル運転する間に道路沿いの駐車場に止められた車や街路樹、バス停に相次いで衝突したとみられます。けが人はいませんでした。調べに対し山下容疑者は「自宅で酒を飲み、近くのコンビニにたばこを買いに行くため運転した」と話しているということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。