情報漏えい容疑の県警元幹部「野川明輝県警本部長が犯罪隠ぺい」批判に…本部長「捜査の中で確認」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

県警本部の前の生活安全部長だった元警視正が、警察情報を漏えいした疑いで逮捕・送検された事件の続報です。 元警視正が「野川県警本部長が犯罪行為を隠蔽した」と主張したことに対して、県警本部長は取材に応じ、「事件の捜査の中で必要な確認を行う」と述べ、反論はしませんでした。 6日午後5時半から、報道陣の取材に応じた野川県警本部長。 (野川明輝本部長)「主張のあった2つの事件被疑者を逮捕するなど、必要な対応が取られている」 この事件は、県警の前の生活安全部長だった元警視正・本田尚志容疑者が現職当時に入手した警察情報を、今年3月下旬、第三者に郵送し職務上知りえた秘密を漏らした、国家公務員法違反の疑いで逮捕・送検されたものです。 本田容疑者は5日、勾留の理由を明らかにするよう求める裁判手続きで、在職当時、枕崎警察署の巡査部長が女子トイレで盗撮した事案について、「野川本部長に指揮伺いをしたところ、隠ぺいしようとした」と批判。 「不祥事を明らかにし、警察によい組織になってもらいたかった」として、別の不祥事とあわせた文書を「ある記者に送った」と述べました。 野川本部長はこれまで報道陣の取材に応じていませんでしたが、6日午後5時半ごろ会見を開き、本田容疑者の批判について反論はせず、「事件の捜査の中で必要な確認を行う」と述べるにとどまりました。 (警察庁 露木康浩長官)「鹿児島県警において被疑者を逮捕するなど、必要な対応が取られてたと報告受けている」 一方、警察庁の露木長官は6日、「鹿児島県警からは『必要な対応を取っていた』と報告を受けている」と述べた上で、県警に対して監察=調査を行う方針を示しました。 警察は、本田容疑者が警察関係者2人と一般人のあわせて3人の情報を記者に漏らしたとしていて、露木長官は6日、3人のうち、警察関係者については県警のほかの部長の名前や住所などと、一般人については、ストーカー被害を受けた女性の名前などであったと明らかにしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。