収賄疑いで塩田前石川町長を再逮捕 ビールや茶、42万円相当受領か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

石川町発注の公共工事入札を巡る官製談合事件で、秘密事項の設計額を漏らし、見返りとして瓶ビールなどの物品を受けたとして、福島県警捜査2課や石川署などは10日午前、収賄の疑いで前石川町長の塩田金次郎容疑者(76)=同町形見字道橋=を再逮捕した。また贈賄の疑いで、同町の土木会社「志賀建設」元顧問の無職関根徳夫容疑者(69)=同町字境ノ内、元役員のコンサルタント業添田保雄容疑者(63)=平田村中倉字見上=を再逮捕した。逮捕はいずれも3度目。 塩田容疑者の再逮捕容疑は、町発注の各種工事の入札で、関根、添田両容疑者に秘密事項の設計額などを漏らし、謝礼として2019年10月~23年3月末の間、瓶ビールや缶ビール、お茶など計42万円相当の物品を受けた疑い。県警は捜査に支障があるとして3人の認否を明らかにしていない。 捜査関係者によると、塩田容疑者が業者側に設計額などを漏らし、見返りを受けたのは19~22年度に入札が行われた町発注の橋や道路の土木工事など約10件。認定こども園の用地造成工事なども含まれ、設計額と指名競争入札の参加者を漏らしたという。県警は、ほかの入札でも情報を漏らし、物品を受け取っていないかなどを慎重に調べている。 県内の市町村長が贈収賄事件で逮捕されたのは、町職員採用を巡る贈収賄事件で06年7月に当時の石川町長が逮捕されて以来。石川町は10日、塩田容疑者の収賄容疑での再逮捕を受け「再発防止に向けた対策と入札制度などの見直しの検討を進め、町民の町政に対する信頼回復に向けて取り組む」とコメントを発表した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。