未明の路上で面識ない31歳女性の身体を触った疑い アジア競技大会担当の38歳名古屋市職員の男を逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋市の「アジア・アジアパラ競技大会」の担当職員が5月、西区の路上で女性に痴漢をしたとして逮捕されました。 逮捕されたのは、名古屋市のアジア・アジアパラ競技大会推進課の課長補佐、五藤和博容疑者(38)で、5月6日の未明、西区の路上で女性(31)の身体を触った疑いが持たれています。 女性は警察に通報しましたが、五藤容疑者はその場から立ち去っていて、周辺の防犯カメラなどから特定されました。 五藤容疑者は女性と面識はなかったということで、調べに対し「間違いありません」と容疑を認めています。 名古屋市によりますと、五藤容疑者は事件当日は休みだったということで、市は「事実関係を確認した上で厳正に対処します」とコメントしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。