女子大学生殺害後パソコン窃盗か…交際相手の被告「宿泊費のため売ることに」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪府枚方市のマンション一室で関西外国語大2年、渡辺華蓮さん(19)が殺害された事件で、大阪府警は11日、殺害後に渡辺さんのノートパソコンなどを盗んだとして、交際相手の住所不定、無職西光勝被告(26)(殺人罪で起訴)を窃盗容疑で再逮捕した。「(逃走先の)宿泊費を捻出するため、パソコンを売ることにした」と容疑を認めているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。