700億円マネーロンダリング事件、13人を再逮捕…大阪府警

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不正に開設した法人口座を悪用したマネーロンダリング(資金洗浄)事件で、違法なオンラインカジノの賭け金を口座に入金させて資金洗浄したとして、大阪府警は11日、会社代表藤井亮平容疑者(41)(川崎市)ら13人を組織犯罪処罰法違反(犯罪収益隠匿)などの容疑で再逮捕した。府警は、利用者の賭け金を洗浄してカジノ業者側に送り、手数料を得ていたとみて調べる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。