「今後も安心して活動できる環境を整備」保護司殺害事件を受け法務大臣 安全対策講じる考え示す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

滋賀県大津市で保護司の男性が殺害された事件を受け、小泉法務大臣はきょうの記者会見で、「保護司が安心して活動できる環境を整備していくことが当面の重要な課題だ」と述べ、安全対策を講じていく考えを示しました。 滋賀県大津市の住宅で先月、保護司の新庄博志さん(60)が殺害されているのが見つかり、新庄さんが担当として支援してきた飯塚紘平容疑者(35)が殺人の疑いで逮捕されました。 この事件を受けて小泉法務大臣はきょうの記者会見で、亡くなった新庄さんについて、「大変熱心に活動をされていた保護司の方がお亡くなりになり、大変心を痛めている。ご冥福を祈るとともに、遺族にもお悔やみを申し上げたい」と述べました。 法務省はきのう、全国50の保護観察所に対し、すべての保護司を対象に、トラブルを抱えていたり不安を感じたりしていないかなどについて、今月中にも電話や対面で直接聞き取るよう求める通知を出しています。 小泉大臣は、「保護司の方々が安心して活動できる環境を改めて見直し、整備をしていくことが重要な課題だ」と述べ、聞き取りの結果を踏まえて、安全対策を検討する考えを示しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。