飲酒運転による死傷事故を免れるため身代わりを立てた疑いで女を逮捕 愛知県春日井市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知県春日井市で10日、2人乗りの原付バイクと乗用車がぶつかり原付の男女2人が死傷した事故で、乗用車を運転していた女が身代わりを立てて飲酒運転による事故を免れようとしたとして逮捕されました。 逮捕されたのは春日井市のマージャン店経営、宮田昌子容疑者(57)で10日午前0時すぎ、飲酒運転で原付バイクと衝突し大学生の男女2人を死傷させたにもかかわらず自身が経営するマージャン店従業員の男(34)に身代わりをさせた疑いがもたれています。 警察の調べに宮田容疑者は容疑を認め「アルコールが出るかもしれないと怖くなり身代わりを頼んだ」と供述しているということです。 身代わりの男も犯人隠避の疑いで逮捕されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。