「大麻リキッド」2本を購入した疑い 宮城県の男2人を逮捕 SNS通じて購入か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年3月、SNS上で大麻を購入したとして宮城県内の男2人が逮捕されました。 このうち1人は大麻を所持していたとして先月にも逮捕されています。 大麻取締法違反の疑いで逮捕されたのは、宮城県松島町高木に住む22歳のアルバイトの男と宮城県大郷町羽生に住む25歳の無職の男です。 警察によりますと、2人は共謀のうえSNSアプリのXで、大麻草から幻覚成分を抽出し濃縮した液体の「大麻リキッド」2本を購入した疑いが持たれています。 警察の調べに対し、2人とも容疑を認めているということです。 2人のうち22歳のアルバイトの男は、今年4月7日の午前0時頃、宮城県多賀城市内の駐車場で大麻リキッド1本を所持していたとして先月30日に逮捕されています。 この逮捕をきっかけに警察が捜査したところ、今回の事件が発覚したということです。 警察は余罪の有無や入手経路について追及しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。