“発砲音騒ぎ”無職の男性を不起訴 熊本地検

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

熊本地検は公務執行妨害の疑いで逮捕・送検されていた無職の男性(51)を10日付で不起訴処分としました。 男性は、5月、熊本市中央区出水のアパートで刃渡りおよそ8センチのはさみを警察官の盾に数回突き付けた疑いで逮捕され、容疑を否認していました。 当時、警察官は「拳銃の発砲音のような音がした」との通報を受けて駆け付けていて、現場周辺では、一時、規制線が張られました。 熊本地検は不起訴処分の理由について、回答を差し控えるとしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。