保護司刺殺疑いで逮捕の男 保護司宅を訪問後 数十分後に立ち去る…周辺の防犯カメラに歩いて去る姿映る 面談時に襲ったか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

滋賀・大津市で、保護司の男性が殺害された事件で、逮捕された男が男性の自宅を訪れ、数十分後に立ち去る姿が防犯カメラに写っていた。 また11日午前、保護司の男性から支援を受けた人が取材に応じた。 保護司の新庄さんから支援を受けていた男性は、「サポートしてあげるから、社会で立ち直れるように頑張っていこうって言われて、すごく助けられた人」と話した。 飯塚紘平容疑者(35)は5月、新庄博志さん(60)の自宅で、自身の保護司だった新庄さんを刃物で複数回刺すなどして、殺害した疑いが持たれている。 新庄さんが死亡したとみられる5月24日、飯塚容疑者は面談のために午後7時ごろ、新庄さんの自宅を訪問。 その後、数十分以内に周辺の防犯カメラに、飯塚容疑者が歩いて立ち去る姿が映っていたという。 警察は、飯塚容疑者が面談の際に襲った疑いがあるとみて調べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。