カジノ賭け金を洗浄疑い マネロン事件、13人再逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

詐取金など犯罪収益のマネーロンダリング(資金洗浄)を請け負うグループが摘発された事件で、大阪府警は11日、違法なオンラインカジノの賭け金を資金洗浄したとして組織犯罪処罰法違反(犯罪収益隠匿)などの疑いで会社役員藤井亮平容疑者(41)=川崎市多摩区=ら男13人を再逮捕した。 13人の再逮捕容疑は、共謀して昨年1~5月、交流サイト(SNS)で募った男性を代表にして経営実態のない会社を設立し、法人口座を不正に開設。同8月、オンラインカジノの賭け金約7200円を含む約160万円を、開設した法人口座に送金したなどの疑い。 府警は認否を明らかにしていない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。