横領事件で無罪 国に損賠訴訟 検事の証人尋問 取り調べ映像も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪地検特捜部に逮捕され、無罪が確定した不動産会社の元社長が、国に損害賠償を求めた裁判で、取り調べを担当した検事の証人尋問が大阪地裁で始まりました。 「プレサンスコーポレーション」の元社長・山岸忍さん(61)は、「検察の違法な取り調べで精神的苦痛を受けた」などとして、国に賠償を求めています。 山岸さんは、学校法人の土地取引を巡り、資金21億円を横領したとして逮捕・起訴されましたが、大阪地裁が無罪判決を言い渡し、その後、確定しました。 国側は先月、検事4人の陳述書を大阪地裁に提出していて、11日、検事の証人尋問が始まりました。 検察は、山岸さんの元部下の証言を有罪立証の根拠としましたが、取り調べで「検察なめんなよ」と元部下に迫った検事は、国側の尋問に対し、「とにかく真摯に、取り調べに向き合ってほしいと思った」と証言しました。 法廷では冒頭、取り調べを録画・録音した映像の一部が再生されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。