道路を横断していた91歳女性が軽乗用車にはねられ死亡 車を運転していた54歳女を現行犯逮捕 新潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10日午後、新潟県十日町市の国道で、道路を横断していた91歳の女性が軽乗用車にはねられて死亡しました。警察は車を運転していた自称・地方公務員の女を現行犯逮捕しています。 10日午後5時前、十日町市芋沢地内の国道117号線で、道路を横断していた近くに住む保坂ミヨさん(91)が軽乗用車にはねられる事故がありました。 保坂さんはすぐに病院に運ばれましたが、頭を強く打ち、その後死亡が確認されました。 この事故で、警察は軽乗用車を運転していた自称・地方公務員の女(54)を過失運転致傷で現行犯逮捕しました。 警察によりますと、事故現場は片側1車線の道路で、近くに横断歩道があったということです。 警察の調べに対し、女は「歩行者をはねてケガをさせたことに間違いありません」と容疑を認めています。 警察が事故の経緯について詳しく調べています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。