《ブラジル》選手に殴られ主審キレて銃抜く=まさか! 騒然となるサッカー場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エスピリトサント州セラ市のジャカライペ・スタジアムで7日夜、サッカーの試合中に選手から暴行を受けた主審が激怒して銃を抜き、その選手を追いかける事件が発生し、観客らを恐怖に落とし入れた。目撃者によると、騒動の発端はピッチ上の選手がファウルでイエローカードを受け、味方の選手がそれに納得せず、主審に襲いかかって顔面に負傷を負わせたことだった。この暴力的な反応は、地元のスポーツイベントの安全性に深刻な疑問を投げかけていると、8日付フォーリャ・ヴィトリアなどが報じた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。