入試問題は「核兵器並みの機密」。人民解放軍、特殊部隊、AIまで投入する中国のカンニング対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国の統一大学入試「高考」が6月7、8日に行われた。 教育部(文部科学省に相当)よると、2024年の全国高考には昨年より51万人多い1342万人が出願し、志願者数は過去最高を更新した。学歴格差社会の中国において、一発勝負の高考は文字通り人生を左右する一大事であり、受験生が安心して試験に臨めるよう警察や軍まで動員される。 高考へのプレッシャーの大きさは少子化の一員にもなっており、中国政府が2021年に「塾規制」を発動する事態にもなった。国民も政府も弊害の大きさを認識する教育・社会システムだが、中国に住んでいる限り距離を置くのは難しく、抜け道を探す受験生側と取り締まる当局のいたちごっこが続く。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。