小型船進入の男は元中国軍士官 警備に人為的ミス 台湾当局

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【台北時事】台湾の海洋委員会は11日、台北市に近い淡水河の河口に小型船で進入し9日に逮捕された中国籍の男が中国海軍で艦艇の指揮官をかつて務めていたと明らかにした。 中国が小型船で台湾の防衛態勢を突破できるかどうか試したという見方が出ており、警備の在り方に懸念が出ている。 海巡署(日本の海上保安庁に相当)の発表によると、男の船が台湾の沿岸に接近した当初、海巡署は台湾の漁船だと誤認していた。不審船と分かってからも河口への進入を阻止できなかった。海巡署は、人為的なミスがあったとして、関係者10人に戒告などの処分を行った。 台湾メディアによると、男は調べに対し「自由を求めて来た」と話している。海洋委員会トップの管碧玲主任委員は11日、中国が台湾の警備能力を試した可能性について「排除できない」と記者団に語った。台湾の捜査当局は「出入国・移民法」などに違反した疑いで男を送検し、詳しい経路や動機を調べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。