保育士の女が2歳男児切り付け 保育士「首は狙っていない」 カッターナイフが凶器か 鹿児島

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿児島市の認定こども園で2歳の男の子が首を切りつけられた事件で容疑者の保育士がカッターナイフを凶器に用いたとみられることが分かりました。「首を狙ったわけではない」と話しているといいます。 警察によりますと、保育士の笹山なつき容疑者(21)は今月7日、勤務する鹿児島市の認定こども園で、2歳の男の子の首を切りつけ殺害しようとした疑いで逮捕・送検されています。男の子は全治1カ月のけがをしました。 警察の調べに笹山容疑者は「殺すつもりはなかった」と話しているということですが、容疑者の弁護士によりますと「首を狙ったわけではない」といった主旨の話をしていることが分かりました。使用したのは笹山容疑者の私物のカッターナイフだということです。 園の代理人弁護士によると、笹山容疑者のクラスでは園児が擦り傷や切り傷などけがをすることが他のクラスに比べて多かったといいます。 事件を受け、鹿児島市は10日、こども園に指導監査を行い、職員など関係者への聞き取りを実施したということです。こども園は9日、保護者説明会を開き、今後、調査委員会による原因究明などを進めるとしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。