「葬式をするお金がなかった」91歳母の遺体を放置した疑いで66歳の無職男逮捕…福岡県警

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡県警小倉南署は9日、北九州市小倉南区、無職の男(66)を死体遺棄容疑で逮捕した。発表では、5月中旬頃~今月8日、自宅で同居の母(91)の遺体を放置した疑い。近所の住民の110番で現場に駆け付けた同署員が廊下で遺体を発見した。男は母と2人暮らしで、「葬式をするお金がなかった」などと容疑を認めている。5月中旬頃に亡くなったと見られ、死因は不詳という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。