賭け麻雀の資金洗浄をした疑いで13人を再逮捕へ 大阪府警

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪府警に逮捕された資金洗浄グループのメンバー13人が、賭け麻雀の資金洗浄にも関与した疑いが強まったとして、きょう再逮捕されることがわかりました。 富山市に拠点を置くリバトンをめぐっては、詐欺の被害金およそ200万円を資金洗浄したとして、藤井亮平容疑者(41)ら13人のメンバーが逮捕されています。 リバトンは、傘下におよそ500社のペーパーカンパニーを抱え、それぞれの法人名義の銀行口座を不正に集約。およそ4000の口座を資金洗浄のために悪用していたとみられています。 捜査関係者によりますと、その後の捜査で、京都府警が今年2月に摘発した賭け麻雀サイトでも賭け金を別の口座に隠す資金洗浄をした疑いが強まったとして、大阪府警はきょうにも13人を再逮捕する方針です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。