「海に散歩に行こう」少女を車で誘拐した疑い スクールサポーターとして派遣の県警職員を逮捕 佐賀

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10代の少女を車で連れ出し誘拐した疑いで、佐賀県警職員の65歳の男が11日、逮捕されました。男は佐賀県警のスクールサポーターとして学校に派遣されていて、少女と面識があったということです。 未成年者誘拐の疑いで逮捕されたのは、佐賀県警の生活安全課に所属する会計年度任用職員、香月和幸容疑者(65)です。 警察によりますと、香月容疑者は5月22日午前10時半ごろ、佐賀県の学校に通う10代の少女にSNSで「海に散歩に行こう」などとメッセージを送り、みずからが運転する乗用車に乗せて午後3時ごろまで連れだし誘拐した疑いです。 警察の調べに対し、容疑を認めているということです。 香月容疑者は学校での非行防止や安全確保にあたる佐賀県警のスクールサポーターとして県内の学校に派遣されていて、以前から少女と面識があったということです。 6月8日に少女が警察に相談し、防犯カメラの捜査などから容疑が固まったとして11日、逮捕したものです。 佐賀県警の中道一輔警務部長は「県民の安全と安心を守る立場の警察職員がこのような事件を起こしたことは誠に遺憾であり、被害者、ご家族、県民の皆様に深くお詫び申し上げます」とコメントしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。