金属バット殴殺事件初公判…覚せい剤使用での責任能力巡り不起訴処分から一転起訴された男「無罪」主張(静岡)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3年前、静岡・富士市で男性が金属バットで殴り殺害された事件の 初公判が、11日、開かれました。争点の一つが、被告の男が覚せい剤を使用していたことによる“当時の精神状態”です。当初、検察も責任能力に問題があるとして不起訴処分としていました。殺人の罪で起訴されている無職で40歳の被告の男。11日の初公判で「無罪」を主張しています…。 2021年5月、富士市。事件は、この草木が生い茂った一軒の住宅で起きました。 (記者) 「富士市内の閑静な住宅街です。あちらに見える青い家の中から男性が頭から血を流して倒れているのが発見されたということです」 当時、この家に住んでいた被告。警察が駆け付けたときには、被告の友人で当時37歳の男性が頭から血を流し、既に死亡していました。事件前、2人は覚せい剤を使用していたということです。 被告は殺人の疑いで逮捕・送検されていましたが…、事態が動いたのは2022年1月。地検沼津支部は被告の責任能力に問題があると判断し、不起訴処分としたのです。その一方で、覚せい剤取締法違反の罪などで起訴し、被告は懲役1年6か月の実刑判決を言い渡されました。 一方、男性の遺族は、殺人罪について不起訴となったことを不服として検察審査会に審査を申し立て、2022年10月、検察審査会は「不起訴不当」と議決したのです。そして地検沼津支部は、これを受け「議決を真摯に受け止め、法に照らし刑事責任を問えると判断した」として一転、殺人罪で起訴。起訴内容を“被告が、男性の頭や顔などを金属バットで複数回殴るなどして殺害した”とし、裁判で争うことになりました。 そして11日 開かれた初公判。被告の男は「殺意はなかった」と述べ…、弁護側も「被告も被害者も覚せい剤依存症の治療を受けていた」とし、「心神喪失者の行為は罰しない」とする刑法に基づき無罪を主張。「覚せい剤の影響で妄想するに至り、バッドで殴打し殺害していた。行動を制御できない状態だった」と述べました。 一方、検察は「被告は事件直後友人に連絡し『ぶっ殺しちまった』『バットでボコボコにしちまった』などと会話ができる状態で、また警察に自ら通報していたことなどから、精神耗弱であったものの正常な判断能力が残っていた」と主張しました。 判決は6月25日に言い渡されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。