検事、取り調べは「不穏当」 プレサンス元社長無罪の国賠訴訟 大阪地裁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学校法人の土地取引を巡る業務上横領事件で大阪地検特捜部に逮捕・起訴され、無罪が確定した不動産会社「プレサンスコーポレーション」(大阪市)の山岸忍元社長(61)が国に損害賠償を求めた訴訟で、捜査に関わった検事2人の証人尋問が11日、大阪地裁(小田真治裁判長)であった。 最初に証言した検事(52)は自身の取り調べの一部を「不穏当な言い回し」と振り返った。 この検事は、山岸氏の元部下の男性(59)=業務上横領罪で有罪確定=の取り調べを担当。取り調べで、男性に「検察なめんな」と言ったことを認め、発言を「不穏当」と述べた。こうした発言をした理由について、「とにかく真摯(しんし)に向き合ってほしかった」と説明。山岸氏が無罪となったことを「残念」と語った。 山岸氏の取り調べを担当した検事(55)の証人尋問も行われ、この検事は「(山岸氏の)黙秘権を侵害したことはない」などと述べ、取り調べに違法性はなかったと強調した。 この日の法廷では、元部下の男性に対する取り調べの録音・録画の一部が再生され、担当検事が「プレサンスの評判をおとしめた大罪人」と男性に迫る様子が流れた。 証人尋問後、記者会見した山岸元社長は「人間としてあり得ない」と批判。山岸氏の代理人弁護士は「予想はしていたけれども、ひどい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。