窃盗事件で「捜査線上に浮上した男」を現行犯逮捕 鉄製ふた“グレーチング”盗難相次ぎ警察が警戒(島根)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

側溝を塞ぐ鉄製のふた“グレーチング”を盗んだとして、出雲市の60代の男が現行犯逮捕されました。出雲市では4月から“グレーチング”が盗まれる事件が相次いでいて、警察が警戒していた最中でした。 窃盗の疑いで逮捕されたのは、出雲市多伎町に住む66歳の無職の男で、10日午後3時半ごろ、出雲市平成町の公共施設で、側溝に設置されていた鉄製のふた“グレーチング”を盗んだ疑いが持たれています。男は容疑を認めているということです。 出雲市では、多伎町の県道で“グレーチング”11枚が無くなるなど、2024年4月から同様の窃盗事件が複数発生。これらの窃盗事件の容疑者として男が捜査線上に浮かび上がり、出雲警察署が警戒していたところ、今回の犯行を見つけ現行犯で逮捕しました。 警察は余罪があるとみて捜査を進めています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。