スーパーの店長の手を掴みけがをさせたか 弁当などを盗んだとみられる82歳の男を逮捕 広島

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパーマーケットで弁当や日本酒などを盗み、声をかけてきた店長の手をつかんで引っ張りけがをさせたとして、82歳の男が逮捕されました。 強盗傷害の疑いで逮捕されたのは、広島市佐伯区に住む無職の男(82)です。 警察によりますと、男は11日午前9時半ごろ、広島市佐伯区五日市中央のスーパーマーケットで商品を盗んだ際、この様子を目撃して声をかけた店長の男性(51)に対し、手をつかんで引っ張り、すり傷を負わせた疑いがもたれています。 男は調べに対し、「商品は盗んだが、店の人に手は出していない」と容疑の一部を否認しているということです。男は弁当1個、日本酒1本、ポテトサラダ3個の計5点(合計2447円相当)の商品を盗んだとみられています。店長が男を現行犯逮捕し、警察に連絡。身柄を引き渡したということです。 警察が事件の詳しいいきさつを調べています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。