偽造免許証で口座 現金引き出す 岡山県警児島署、容疑で男女逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岡山県警児島署は11日、偽造有印公文書行使などの疑いで倉敷市、無職の男(56)、同市、会社員の女(52)の両容疑者を逮捕した。 2人の逮捕容疑は共謀して昨年7月13日、実在する人物の名前や住所などで偽造した運転免許証を本人確認資料として金融機関口座を開設。そのキャッシュカードで同12月1日、市内のコンビニのATMから現金1万円を引き出し窃取した疑い。 署によると、男は容疑を認め、女は「偽造免許証を作っただけ」と否認している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。