死亡ひき逃げ疑い、21歳男を逮捕 三重県警名張署

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【名張】8日午後8時ごろ、三重県名張市東町の市道で、横断歩道を歩いて渡っていた同町の無職男性(88)が車にはねられた。男性は伊賀市内の病院に救急搬送されたが、全身を強く打って約1時間半後に死亡が確認された。 名張署は9日、この男性を軽乗用車ではねて逃走したとして、自動車運転処罰法違反(過失運転致死)と道交法違反(救護・報告義務違反)の疑いで、名張市東町、会社員保田怜音容疑者(21)を逮捕した。 同署によると、保田容疑者は事故から約20分後、同署に「歩行者とぶつかる事故を起こした」と電話で連絡した。容疑を認めている。現場は片側2車線で信号はない。同署が事故原因や逃走の理由を調べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。