インターネットカジノ店「摘発」 店の経営者の男ら3人“常習賭博”容疑 現行犯逮捕 名古屋・中区

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8日夜、名古屋市中区にあるインターネットカジノ店が摘発され、店の経営者の男ら3人が現行犯逮捕されました。 常習賭博の疑いで現行犯逮捕されたのは、中区栄のインターネットカジノ店「GReeeeN」を経営する小園大作容疑者(43)と従業員の男2人です。 警察によりますと、3人は8日午後9時ごろ、店内で客を相手にパソコンを使ってバカラなどの賭博をした疑いがもたれています。 警察は、3人の認否を明らかにしていませんがパソコン16台や現金約260万円などを押収していて、売り上げの流れなどを調べています。 この店が入るビルの敷地内では8日夜、20代の男性が頭から血を流して倒れているのが見つかり、その後死亡しました。 警察は、男性が店の客で、逃走を図った際にビルから転落したとみて調べています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。