「自分が産んだ」生後間もない女の赤ちゃんの遺体を捨てた容疑で22歳の女逮捕 千葉・市川市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉・市川市で赤ちゃんの遺体が見つかった事件で、22歳の女が逮捕されました。 市川市の住宅で8日、生後間もない女の赤ちゃんの遺体が見つかった事件で、警察は、遺体を遺棄した疑いで岡田萌花容疑者(22)を逮捕しました。 調べに対し「自分が産んだ」という趣旨の話をしていて、容疑を認めているということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。