『アンチヒーロー』“明墨”長谷川博己、逮捕の陰にまさかの裏切り ネット衝撃「マジかよ」(ネタバレあり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長谷川博己が主演する日曜劇場『アンチヒーロー』(TBS系/毎週日曜21時)の第9話が9日に放送され、ある人物の裏切りによって明墨(長谷川)が逮捕される急展開を迎えると、ネット上には「まさかの裏切りキター!」「マジかよ」などの反響が集まった。(※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください) 12年前の糸井一家殺人事件の真相に迫るための動画が伊達原(野村萬斎)によって消された。病で亡くなった検察時代の同僚・桃瀬(吹石一恵)の意思を継ぎ、逮捕された志水(緒形直人)の冤罪を晴らすために明墨は策を巡らす。一方、赤峰(北村匠海)と紫ノ宮(堀田真由)も独自の視点で12年前の事件を洗い直す。 一丸となって糸井一家殺人事件の検証を進める中、明墨が町工場社長殺人事件で逮捕されながらも無罪となった緋山(岩田剛典)の証拠を隠滅したことが週刊誌に報じられてしまう。 そして迎えた第9話ラストシーンでは、明墨の事務所に突然多数の警察官がやってくる。警察官は、町工場社長殺人事件における証拠隠滅罪で明墨を逮捕する。 逮捕を喜ぶ伊達原のそばには、明墨の事務所で働いていたパラリーガル・白木(大島優子)の姿が。明墨の逮捕について「当然の報いだと思いますけど」と冷静に言い切る白木の目の前には、返り血で染まった緋山の作業着が置かれているのだった…。 最終回目前で白木の裏切りが明らかになると、ネット上には「まさかの裏切りキター!」「げぇぇぇぇ!マジかよーー」「予想もしてなかったから叫んでしまった」といった声が続出。その一方で「白木の裏切りは明墨の指示ですべて計画通りだったと信じたい」「白木さん…二重スパイ?」などのコメントも寄せられていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。