公共料金徴収に訪れた会社員に激高 殴るなどしてケガさせた疑いで男(78)を逮捕 長崎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10日午後、長崎市で公共料金の徴収に訪れた会社員の男性を殴るなどしてケガをさせたとして、無職の男(78)が傷害の疑いで現行犯逮捕されました。 逮捕されたのは長崎市女の都4丁目に住む無職の男(78)です。 警察によりますと、男は10日午後2時ごろ、自宅に公共料金の徴収のため訪れた男性会社員(21)に対して激高し、顔や体を数回殴るなどして、口から出血させるなどのケガをさせた疑いが持たれています。 110番通報を受け警察官が駆け付けたところ、男の犯行が明らかになったとして、警察が男を傷害の疑いで現行犯逮捕しました。 取り調べに対し、男は容疑を認めているということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。