月2回ほど面談受ける 保護司の男性殺害事件で逮捕の男 滋賀・大津市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

滋賀県大津市で、保護司の男性が殺害された事件で、逮捕された男は、5年前から更生支援を受け、殺害された保護司の面談を月に2回ほど受けていたことが分かりました。 10日朝、送検された飯塚紘平容疑者は、先月、大津市の住宅で保護司だった新庄博志さんを刃物で刺すなどして、殺害した疑いがもたれています。新庄さんは5年前から、飯塚容疑者の更生支援を行い、月に2回ほど面談を行うなどし、事件当日も面談予定だったことが分かりました。 飯塚容疑者は容疑を否認していますが、SNS上では、滋賀県在住を名乗る人物が、保護司に対する不満や殺害をほのめかすなどの、複数の投稿が見つかっています。警察は、飯塚容疑者がこのSNSを投稿した可能性があるとみて、2人の間にトラブルがなかったか調べています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。